官民オープンデータ利活用の動向及び人材育成の取組(2021年度)の開催

日時

令和3(2021)年11月18日(木)10:00~17:35

会場

オンライン開催

プログラム

・司会進行 三神 均(独立行政法人統計センター)

・開会挨拶 研究代表者 田中 雅行(一橋大学)

1. 高等教育目的の二次的利用に関する報告

【座長】白川 清美(立正大学)
(1) 匿名データを用いた統計教育事例と直交変換による合成データ生成法の紹介 佐野 夏樹(東京情報大学総合情報学部) 報告資料(PDF:1,378KB)
(2) 公的統計ミクロデータの利活用推進に資するSynthetic Dataの作成方法について 高部 勲(立正大学データサイエンス学部) 報告資料(PDF:2,612KB)

2. オンサイト施設紹介:統計局・統計センターオンサイト施設

3. 基調講演:「データサイエンスと公的統計ミクロデータの利活用」

データサイエンスと公的統計ミクロデータ利活用 北村 行伸(立正大学データサイエンス学部) 報告資料(PDF:286KB)

4. 地方公共団体の EBPM の取組に関する報告

【座長】高部 勲(立正大学データサイエンス学部)
(1) 和歌山県における空き家分布の推定 徳冨 智哉(和歌山県データ利活用推進センター) 報告資料(PDF:1,156KB)
(2) 徳島県ミクロデータ申請体験記 牧田 修治(徳島県政策創造部デジタルとくしま推進課・統計データ課) 報告資料(PDF:814KB)

5. 学術研究を目的とした匿名データ・オンサイト利用に関する報告(1)

【座長】白川 清美(立正大学)
(1) 日本の家族構成に基づく末子の性別選好 石田 和也(株式会社タクミインフォメーションテクノロジー)
白川 清美(立正大学)
報告資料(PDF:2,231KB)
(2) 祖父母による家事・育児動向の基礎的分析 -3 世代世帯家族を対象に- 平井 太規(立教大学コミュニティ福祉学部) 報告資料(PDF:657KB)
(3) 高齢者の安全で自律的な経済活動を見守る社会的ネットワークの構築 横山 友也(京都府立大学) 報告資料(PDF:1,155KB)

6. 学術研究を目的とした匿名データ・オンサイト利用に関する報告(2)

【座長】田中 雅行(一橋大学)
(1) 国勢調査と全国消費実態調査の匿名データの統計量を家族構成変数で統合する実験結果の紹介 周防 節雄(公益財団法人統計情報研究開発センター) 論文(PDF:1,179KB)
(2) 国勢調査の匿名データを用いた世帯の家族構成と社会問題への適用 古隅 弘樹(兵庫県立大学社会情報科学部) 報告資料(PDF:1,777KB)
論文(PDF:2,363KB)

・閉会挨拶 山下智志(統計数理研究所)

外部サイト「Get Adobe Reader」別ウィンドウで開きます。

PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe Reader」が必要です。