官民オープンデータ利活用の動向及び人材育成の取組(2020年度)の開催

官民オープンデータ利活用の動向及び人材育成の取組(2020年度)の開催

日時

令和2(2020)年11月17日(金)10:00~18:30

会場

オンライン開催

プログラム

・司会進行 三神均(独立行政法人統計センター)

・開会挨拶 研究代表者 田中雅行(一橋大学)

1. 特別講演

(1) 海外における公的統計と行政記録情報の二次利用の現状 伊藤 伸介(中央大学経済学部) 資料(PDF:1,143KB)

2. オンサイト施設紹介:統計局・統計センターオンサイト施設

3. 地方公共団体の EBPM の取組に関する報告(13:00~13:45)

【座長】高部 勲(総務省統計局 統計データ利活用センター)
(1) 「兵庫県地域創生戦略」改定にあたってのミクロデータの活用 今井 良広(兵庫県企画県民部地域創生局長) 資料(PDF:938KB)
(2) 公的統計を用いた和歌山市空き家分布推定の予備的分析 徳冨 智哉(和歌山県データ利活用推進センター) 報告資料(PDF:1,224KB)

4. 学術研究を目的とした調査票情報のオンサイト利用に関する報告

【座長】田中 雅行(一橋大学)
(1) Impacts of Parental Socioeconomic Characteristics on Childcare Time in Japan
(日本における親の社会経済的特性が育児時間に与える影響)
李 慧慧(神戸大学) 報告資料(PDF:459KB)
(2) Revisiting the Dilemma of Fertility and Female Labor Supply: New Evidence and Explanations from Japan 張 俊超(統計数理研究所) 報告資料(PDF:1,724KB)
(3) 自閉スペクトラム症の長期追跡調査:社会生活基本調査を用いた新たな心理社会的転帰尺度の開発 岩佐 光章(横浜市総合リハビリテーションセンター) 報告資料(PPTX:431KB)

5. オーダーメード集計、匿名データ、e-Stat に関する研究成果の報告

【座長】白川 清美(独立行政法人統計センター)
(1) 家庭部門の CO2 排出実態統計調査と住宅・土地統計調査のミクロデータを活用したCO2 排出量推計に関する研究 重 浩一郎(東北大学) 報告資料(PDF:1,139KB)
(2) 子育て世帯の余暇時間に関する時系列的推移
-「社会生活基本調査」匿名データを用いた基礎的分析-
平井 太規(立教大学コミュニティ福祉学部) 報告資料(PDF:1,369KB)
補足資料(PDF:198KB)
(3) 国勢調査のミクロデータから新開発した家族構成変数と、それを利用した世帯構造の分析事例の紹介 周防 節雄(公益財団法人統計情報研究開発センター) 報告資料(PPTX:1,348KB)
論文(PDF:741KB)
(4) e-Stat で公開された統計情報に基づく合成人口データを用いたシミュレーションの展開 村田 忠彦(関西大学総合情報学部) 報告資料(PDF:22,723KB)
論文(PDF:2,767KB)

6. 調査票情報の二次的利用に関する質問等への回答

・閉会挨拶 山下智志(統計数理研究所)

外部サイト「Get Adobe Reader」別ウィンドウで開きます。

PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe Reader」が必要です。