先輩職員のメッセージ(仕事と育児の両立について)

子育てをしながら働きやすい職場環境

先輩職員 土田真由(つちだまゆ)の写真

統計編成部人口統計編成課統計専門職
 土田 真由  平成19年採用

  • 平成19年4月 統計センター採用 統計局統計調査部調査企画課首席統計情報官付
  • 平成21年1月 統計局統計調査部国勢統計課労働力人口統計室
  • 平成25年4月 製表部情報処理課
  • 平成27年4月 統計編成部情報ソリューション課
  • 平成31年1月 統計編成部統計編成統括官付
  • 令和4年4月 現職

メッセージ

仕事も子育ても自身を成長させてくれます。私が所属する人口統計編成課は国勢調査、社会生活基本調査、就業構造基本調査など人口・世帯に関する統計調査の製表業務(調査で得られた結果を統計表として作成する業務)を行っている部署です。その中で私は調査票情報や集計結果の審査業務を担当していますが、4歳の娘の子育て中のため、育児時間制度を利用して勤務しています。産後は子供中心の生活となりますが、急な体調不良の際は看護休暇制度を利用し、平日に子供の行事や通院がある際もテレワークの活用によって、業務に影響が出ないように工夫することができます。仕事と育児の両立というと、難しいイメージもありますが、仕事で得られる達成感と育児で得られる幸福感は相乗効果があり、どちらも自分自身を成長させてくれます。時にはどちらかがうまくいかず苦労することもありますが、どちらかでリフレッシュして、また頑張ろうという原動力が湧いてきます。休日は家族と美味しいものを食べるのが大好きで、土曜日の朝は主人の「お昼何を食べようか?」から予定を立てます。また、最近では、娘の習いごとの発表会に向けた練習が多く忙しい日々ですが、娘の頑張る姿を見て、感動し、たくさん力をもらっています。職場の雰囲気等。統計センターは女性が多く、業務に対しては緊張感を持ちつつ、全体として和やかな雰囲気です。また、子育てをしながら働いている方がたくさんいるので、職場全体が仕事と育児の両立に対して、理解度が高いと感じます。それでも、業務の進捗で不安に感じることもありましたが、上司に相談すると、温かい気遣いをしていただき、感謝の気持ちでいっぱいになりました。公私ともに仲良くしてもらえる人との出会いもあり、充実しています。
クリックすると拡大します