総務省統計局 統計センター 日本統計協会
 応募要領  印刷用のPDF(234KB)はこちら

データサイエンス時代を迎え、我が国の次代を担う高校生、大学生等の統計データの利活用マインドと分析技術のかん養を図るとともに、公的統計の利活用を推進するため、教育用標準データセット(Standardized Statistical Data Set for Education: SSDSE)を作成しました。総務省、独立行政法人統計センター、一般財団法人日本統計協会が共催し、このデータセットに基づいた統計の分析のアイデアと技術を競うコンペティションを開催し、最優秀論文には総務大臣賞を授与することになりました。データ分析・統計教育に関心のある学校関係者の方々奮って参加いただければ幸いです。

 1. 論文募集期間    詳細表示>
 2. 応募資格    詳細表示>
 3. 応募条件    詳細表示>
 4. 論文の作成・提出方法    詳細表示>
 5. 受賞論文の決定・発表    詳細表示>
 6. 論文の審査基準    詳細表示>
 7. 表彰    詳細表示>
 8. 提出された論文の扱い等    詳細表示>
 9. 後援(予定)    詳細表示>
10. 論文等の提出先及び各種お問い合わせ先    詳細表示>
11. 個人情報の取扱い    詳細表示>
 教育用標準データセット

e-Statに収録されている「都道府県・市区町村のすがた(社会・人口統計体系)」の市区町村データから約100項目余を抜き出し、縦に市区町村、横にデータ項目が並ぶ表形式のデータに整備したものです。 エクセル形式とCSV形式がありますが、収録しているデータは同じですので、どちらを使用して分析していただいても構いません。

データセットの解説には、統計データの出典、単位、収録データの年次など、分析する上で必要な情報を掲載していますので、併せて参照してください。

 論文原稿の様式(テンプレート)

論文を作成する際の様式などを示していますので、ダウンロードして活用してください。