Home >業務案内 >公的統計基盤サービス >公的統計のミクロデータ利用 >イベント情報 >官民オープンデータ利活用の動向及び人材育成の取組(平成30年度)の開催

業務案内

イベント情報

官民オープンデータ利活用の動向及び人材育成の取組(平成30年度)の開催

日時

平成30年11月16日(金)10:00~16:30

会場

統計数理研究所 3階セミナー室1(D305号室) (東京都立川市緑町10-3)

プログラム
・司会進行 三神均((独)統計センター)
・開会挨拶 研究代表者 白川清美(一橋大学)
1.
【座長】白川清美(一橋大学)
(1) 全国消費実態調査のミクロデータを活用した教育と研究の可能性 有馬昌宏*(兵庫県立大学) 報告資料(PDF:7,103KB)
(2) 最低賃金の引き上げが貧困に与える影響の実証分析~家族構成別に見た分析 則竹悟宇*(立教大学) 報告資料(PDF:1,247KB)
(3) Intra-metropolitan spatial patterns of female labor force participation and commute times in Tokyo 河端瑞貴*(慶應義塾大学)、安部由起子(北海道大学) 報告資料(PDF:2,896KB)
論文
※掲載先へリンク別ウィンドウで開きます。
(4) Long Working Hour and Women's Occupational Choice. 内藤朋枝*(政策研究大学院大学)、Dainn Wie(政策研究大学院大学) 報告資料(PDF:1,026KB)
【討論者】(1),(2) 白川清美(一橋大学)、(3) 馬欣欣(一橋大学)、(4) 臼井恵美子(一橋大学)
2.
(1) オンサイト施設見学 岡本基*(統計数理研究所) 希望者のみ
3.講演
(1) 教育用標準データセット(SSDSE)の公開と
それに基づく統計教育の推進
椿広計*((独)統計センター) 資料(PDF:4,425KB)
4.
【座長】椿広計((独)統計センター)
(1) レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)の活用:日本の糖尿病診療の全体像 西岡祐一*(奈良県立医科大学) 報告資料(PDF:1,845KB)
参考供覧資料(PDF:12,270KB)
(2) レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)の活用:患者数集計の一例 明神大也*(奈良県立医科大学) 報告資料(PDF:11,080KB)
【討論者】関真美(島根大学)
5.
【座長】長尾伸一((独)統計センター)
(1) 統計データ利活用センターの取組み 佐藤昭紀*(統計データ利活用センター) 報告資料(PDF:6,166KB)
(2) 神戸大学におけるリモートアクセス型オンサイト利用等に関する取り組み 勇上和史*(神戸大学) 報告資料(PDF:4,197KB)
・閉会挨拶 山下智志(統計数理研究所)

(注)『 * 』のついている名前の方が“発表者”となります。それ以外の方は“共同研究者”になります。

PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe Reader」が必要です。

外部サイト「Get Adobe Reader」 別ウィンドウで開きます。
このページのTOPへ