Home >業務案内 >技術研究 >日本統計学会統計教育賞を受賞しました

業務案内

コンピュータセキュリティシンポジウム2019において「PWS優秀論文賞」を受賞しました

【写真】表彰状

この度、統計センターの南和宏非常勤研究員(統計数理研究所准教授)と阿部穂日統計情報提供課係長が共同で行った、統計表の秘匿処理における課題とその対処に関する研究が、「コンピュータセキュリティシンポジウム2019」において「PWS優秀論文賞」を受賞しました。

同シンポジウムは、情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会及び同学会セキュリティ心理学とトラスト研究会共催の大規模な学術シンポジウムで、幅広い分野の研究・技術の発展及び普及、並びに研究者・技術者の相互の連絡及び協力の促進を目的としています。

PWS優秀論文賞は、プライバシーワークショップ(PWS)セッションにおける発表論文のうち、「プライバシー保護技術の発展」や「プライバシーリスクの正しい啓発」に特に貢献すると認められる論文を表彰するものです。

統計センターは、各府省と協力して公的統計データの二次的利用を推進するとともに、プライバシー保護についても研究を行っており、今後も安全性と有用性の両立を目指した業務運営を行ってまいります。

 

PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe Reader」が必要です。

外部サイト「Get Adobe Reader」 別ウィンドウで開きます。
このページのTOPへ