Home >業務案内 >公的統計基盤サービス >公的統計のミクロデータ利用 >イベント情報 >公的統計のミクロデータ等を用いた研究の新展開(平成27年度)の開催

業務案内

イベント情報

公的統計のミクロデータ等を用いた研究の新展開(平成27年度)の開催

日時

平成27年11月27日(金)10:00~18:05

会場

統計数理研究所 3階セミナー室2(D304号室) (東京都立川市緑町10-3)

プログラム
・開会挨拶 研究代表者:白川清美(一橋大学)
1.
【座長】安田聖(一橋大学)
(1) 労働力調査個票を用いたフロー分析 -リーマンショック前後の変化に注目して 戸田淳仁*(リクルートワークス研究所) 報告資料(PDF:1,172KB)
(2) 法人の収入金額・年間収入の分析 -平成23年特例民法法人概況調査と平成24年経済センサス活動調査の個票を用いて- 小林健太郎*(明星大学)
(3) 日本の事業所内・事業所間賃金格差の推移 明坂弥香*(大阪大学)、三好向洋(愛知学院大学)
【討論者】森博美(法政大学)
2.講演
(1) 統計センターにおける二次的利用拡大等に向けた取組 椿広計*((独)統計センター) 報告資料(PDF:2,679KB)
3.
【座長】白川清美(一橋大学)
(1) 全消匿名データに対する多次元分散分析の活用 高橋行雄*(BioStat研究所株式会社) 報告資料(PDF:1,048KB)
論文(PDF:1,278KB)
【討論者】村田磨理子((公財)統計情報研究開発センター)
(2) 全国消費実態調査の匿名データからSASのリレーショナルデータベースを完全自動構築するシステムの開発 周防節雄*((公財)統計情報研究開発センター) 論文(PDF:1,274KB)
4.
【座長】白川清美(一橋大学)
(1) 起業意欲と起業準備の要因に関する計量分析 松田尚子(東京大学・経済産業研究所)、土屋隆一郎(東洋大学)、池内健太(科学技術・学術政策研究所)、岡室博之*(一橋大学) 報告資料(PDF:268KB)
(2) 国勢調査ミクロデータを用いた大学進学率の地域別格差の検討 吉田央*(東京農工大学) 報告資料(PDF:382KB)
(3) ON THE DISTRIBUTIONAL EFFECT OF JAPAN'S EQUAL EMPLOYMENT OPPORTUNITY LAW ON THE GENDER WAGE GAP フアン マルティネス*(慶應義塾大学) 報告資料(PDF:1,091KB)
【討論者】勇上和史(神戸大学)
5.
【座長】 山口幸三(統計研修所)
(1) エビデンスに基づいた匿名化の実証 星野伸明*(金沢大学) 報告資料(PDF:245KB)
論文(PDF:57KB)
(2) 非労働所得が時間利用に与える影響について 室賀貴穂*(東京大学) 報告資料(PDF:1,310KB)
【討論者】伊藤伸介(中央大学)
6.
【座長】 山口幸三(統計研修所)
(1) 政府統計を用いた国内観光状況の網羅的分析 佐藤彰洋*(京都大学) 報告資料(PDF:3,162KB)
【討論者】小林良行(統計研修所)
(2) 食生活から見た食料消費傾向に関する考察-匿名データを用いて- 大野嵩護*(関西学院大学)、笹谷知輝(関西学院大学)、池田瑞穂(京都大学) 報告資料(PDF:557KB)
論文(PDF:384KB)
【討論者】坂本和靖(群馬大学)
7.
【座長】角田敏((独)統計センター)
(1) 「公的統計の整備に関する基本的な計画」の実施状況とデータ提供の新たな取組について 植松良和*(総務省) 報告資料(PDF:2,417KB)
・閉会 山下智志(統計数理研究所)

(注)『 * 』のついている名前の方が“発表者”となります。それ以外の方は“共同研究者”になります。

PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe Reader」が必要です。

外部サイト「Get Adobe Reader」 別ウィンドウで開きます。
このページのTOPへ