Home > 統計センターについて > 統計センターの役割・機能

統計センターについて

統計センターの役割・機能

公的制度を支える専門機関

わが国の公的統計は、総務省統計局を中心として、各府省がそれぞれの行政に必要な統計を作成する「分散型」と呼ばれる機構体系によって整備されています。

統計センターは、総務省統計局所管の国勢調査や消費者物価指数など、わが国の基本となる統計の作成(製表)を行うほか、各府省や地方公共団体の委託を受けて各種の統計作成を行い、これらの機関の統計整備を支援しています。

統計作成のほかにも、政府統計の総合窓口(e-Stat)、オンライン調査システム、事業所母集団データベース、統計データの提供システムなどの公的統計の業務基盤・利用基盤を各府省や地方公共団体そして国民・企業の方々へ提供する機能を果たしています。

さらに、統計調査を行う行政機関等の委託を受けて調査票情報等の保管・蓄積、匿名データの作成・提供及びオーダーメード集計(公的統計のミクロデータ利用)の業務サービスを提供する「統計データアーカイブ」を運営しています。

また、公的統計の二次的利用の充実と学術研究の発展を図るため、学術研究機関等と連携した取組みを進めています。

その他、公的統計の改善・発達に貢献する研究開発や学会参加、諸外国への技術協力など、統計センターは、総務省とともにわが国の中央統計機関として、日本の公的統計制度を支えています。

統計センターの役割・機能を示す画像
クリックで画像を拡大します
このページのTOPへ