Home > 統計センターについて > ISMS認証について

統計センターについて

ISMS認証について

独立行政法人統計センターでは、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する認証である「JIS Q 27001(ISO/IEC27001)」の認証を取得しております。
(初回認証登録年月日:2007年10月16日)

今後とも、情報セキュリティマネジメントシステムの継続的な運用改善を行うことで、正確で信頼できる統計データを作成し、適時、的確に提供してまいります。

現在のISMS審査機関の認証登録マーク(登録番号RB-IS16010)の画像 公益財団法人日本適合性認定協会の認定シンボルの画像

※ISMS: Information Security Management System(情報セキュリティマネジメントシステム)。個別の問題ごとの技術対策のほかに、組織のマネジメントとして、自らのリスク評価により必要なセキュリティレベルを定め、プランを持ち、資源配分してシステムを運用していることを示す。組織の情報セキュリティマネジメントの水準が、規格(日本工業規格JIS Q 27001(国際規格ISO/IEC27001))に適合しているかについて、組織を審査登録する能力や公平性を有するものとして認定されている認証登録機関が審査し、認証している。
※認証取得範囲: 製表に関する管理企画業務、製表業務、情報システム開発・運用業務、統計センター統計データアーカイブ運営業務、政府統計共同利用システムの運用管理業務、技術の調査及び研究に関する業務

PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe Reader」が必要です。

外部サイト「Get Adobe Reader」 別ウィンドウで開きます。
このページのTOPへ